舞台観劇

2019.01.18 Fri | CATEGORY:日々のおもい

こんにちは!プンダミリア、オーナーの木下志磨子です。
やっと!寒さが冬らしくなりました。
寒いのが大の苦手な私ですが、
寒くないと冬を感じないなぁ・・・とぼやく。
つくづく自分がわがままだなぁと思います(笑)

さて先日、ロームシアターにある舞台を見に行きました。
「高丘親王航海記」というものです。
舞台といってもダンス公演というふうにうたわれています。

原作は
平城天皇の皇子、高丘親王が天竺を夢見て旅をするという幻想物語です。

それをダンスで表現する・・・・
ミュージカルでもない、演劇でもない・・・
不思議な舞台でした。

舞踏、とかバレエにはいままでなんどか見に行ったことはありましたが
いままでの感じと違い人の体の表現力の美しさを目の当たりに
したような体験をしました。

ダンス、といえば全力でめいいっぱい見せる!
あんなこともこんなこともできる!
という感じですが

ゆっくりとした動き、または静止している状態にこそ
美しさを感じました。

肩の動き、筋肉の動き、指先の動き感動しました。

ストーリーは面白くてなんだか不思議な世界観でしたが
そういったところに焦点をあててみると
いろんな楽しみ方ができますね。

そう、なぜこの公演をみにいったかというと!
コンテンポラリーダンス集団
「コンドルズ」の近藤良平さんが出ていたからなのです!

長年のファンである私は近藤良平さんのダンスを
見にいったようなものです。

でも、実際は、
共演された女性のダンサーたちに目を奪われました。
しかも最前列という近さ。
指先の動きまで鮮明に見えて贅沢な時間を過ごしました。

終演後、当たり前のように普段着に着替えた出演者さんたちが
ロビーでおしゃべりしているのに笑ってしまいました。

近藤さんと並んで重大な役の
男性ダンサーさんが普通に話しかけてくれました。

「ツイッターで、ナレーションが鬼聞こえにくいっていわれてるけど、
どうだった??」っと。

正直に
「聞こえにくいかもしれませんが聞こえてたところで、
何を言っているのかわからないと思います」
と答えました。
本当です。
表現が難しくてなんのことだかさっぱりわからない!
でもそれも世界観。
とても面白かったです。

さて、お花への学び。
お花でもあれもこれもできる!
見せたい、見てみて!私を見て!
っていうのではなく、
シンプルに美しさを、気持ちをお届けする!

それがうちのお花の役目である、少なからず
表現の大切な役割ってどんなかな、って
考えるきっかけを頂きました。

私の好きなオペラ「魔笛」の
楽曲が使われていて本当に
心が満たされた時間でした。

ハッピー成人式!

2019.01.11 Fri | CATEGORY:日々のおもい
皆さんこんにちは、プンダミリア
オーナーの木下志磨子です。
今週末(というか月曜日)は成人式ですね。
プンダミリアにもありがたいことに毎年、
成人式の髪飾りのオーダーをたくさん頂きます。
最近は着物もすごく華やか、
色もドレスのようなはっきりとした色が多くて、
描かれている図もお花や蝶、キラキラしています!
そして、最近では成人式でも
「前撮り」などをされるらしく・・・
私の姪っ子2人もしていました。
見せてもらうと、本格的な仕上がりで、
記念写真の域を超えているようでした!
そんななか、先日来られたお客様。
お母様の成人式の時の着物を着られるとのこと!
推測するに、25年ほど前なのでしょうか?
それに合う髪飾りをオーダーしに
いらしてくださいました。
イメージをつかむために写真を見せていただくと
見たこともないような何とも言えない美しい柄!
といっても、色はえんじ色と白の2色で決して派手ではないのです。
どちらかといえば、地味な色味です。
でも総柄の絞りですっごくすっごくかっこいい!
文章でお伝え出来ないのが残念です。
もうほれぼれしてみてしまいました。
古典的な感じなので髪飾りも大きな菊や丸い菊で
和モダンというか、大正時代っぽいというか、
そんな感じに仕上げました。
実際に合わせられたらどんななんだろう!
ととても楽しみですが、私は
見る機会がありません( ノД`)
私の感動をお伝えしたら
「写真送ります!」と言ってくださったので
きっと見せていただけると思います☆
イメージしてそのためだけに作るという作業。
オーダーの髪飾りの醍醐味です!
14日の成人式、どうかいいお天気に恵まれますよう
お祈りしております!

2019年、始まりました!

2019.01.04 Fri | CATEGORY:日々のおもい

みなさん、
新年あけましておめでとうございます。
プンダミリア・オーナーの木下志磨子です。

毎年恒例、長野の実家で年越しをして帰ってまいりました。
今年は私が知る限りほぼ初めて!
雪のない正月となりました。
京都では結構な雪が降ったのに長野(南端ですが)に
雪がないなんて変な感じです。

ただ、冬の星空は昔と変わらず本当にきれい。
寒い澄んだ空気なのと、田舎で真っ暗だからなのと、、、
何より標高が950メートルもあるのです。
空が近く感じ、星も掴めそうなほど!
こんなにたくさんの星がはっきり見えるなんて。
大人になって、妙に美しさを実感してしまいました。
何時間でも見ていられそうな神秘ですが
なんせ・・・寒い!
暖かい部屋の中に入るとすっかり現実に戻ってしまいました。

初詣は、子供の頃から行っていた小さな神社へ。
古い太い木がたくさんで手付かずの自然そのままにあります。

振る舞われたお神酒がとっても冷たく
普段お酒を飲まない私も
美味しく、キリッと気持ちが洗われる感じでした。
松明を見て、空を見上げて、
大自然を感じてこれまた自然の神秘を肌で感じたのでした。
あー寒い寒い!と車に乗ると、
これまた現実の世界ですが・・・。

しかし、こういった田舎での体験というのは大事なことですね。
田舎育ちの私は、なぜ都会にはいろいろあるのに
人はみな田舎に遊びに行きたがるのか?
と疑問でもありましたが、現実から束の間離れて、
大地や宇宙を感じる時間というのがとても貴重で、
とても必要なことなのではないか?と思いました。
あ、ちょっと大げさでしたか(笑)!

とにかく、自然の美しさには勝るものはない!
と思うのです。
美しい星、樹木、大地を肌で感じられる、
田舎があるということは贅沢なことだと思います。

今年はそんな美の原点のようなものを感じたお正月でした。
プンダミリアも14年目、
一度原点回帰の年にしたいと気持も新たにがんばります!

それでは皆さん、2019年もよろしくお願いいたします。

みなさんにとって素晴らしい一年となりますように!