小さな職人さん

2021.05.14 Fri | CATEGORY:日々のおもい

緊急事態宣言に次ぐ緊急事態宣言。。
もはや緊急という言葉にそれほどの脅威を
感じなくなってきました。
しかし、医療は本当に大変なのです。

少し前世界一コロナ患者が増え続けて
恐ろしい状態だったアメリカやイギリスは
ワクチンの普及でかなり患者数が減って来ているらしく
ワクチン接種者が1番に可能になることは
・マスクを外していい
・大切な人とのハグ
・屋内での飲食
だそうです。

人との関わりができない、
というのが一番のストレスですもんね!
日本でもワクチンが普及され
とにかく医療現場が緩和されて
みんなとご飯行けたり街に出かけたりできる日がきますように!

さて
いつもならてんやわんやの母の日が
消化不良のまま終わってしまいました…
気持ちも消化不良ですが商品も消化不良。。。
倉庫いっぱいのお花たち、
なるべく早く日の目を見させてあげたいものです。。
しかし今年は私の痛切な叫びから
たくさんの知人、友人にいつも以上に
母の日のお花の依頼をいただきました。

とってもお久しぶりのあの方や、
珍しいあの方まで!!!
と、驚きの連続でした。

元スタッフも3名も来てくれました。
そのうち1人は辞めて以来です。
何年かぶりに会えて嬉しかったなぁ~。

友人の1人は、小2の娘さんとお花を作りに来てくれました。
奥さんへ送る母の日のお花です!
母の日は、自分の母という意味ですが
母である奥さんへ感謝を伝えるのも素敵!!
その小2の女の子、
なんとお花屋さんになりたいんだとか!
好きなだけあって手先も器用。
飲み込みも早い!
ちゃんと人の話が聞ける!
子どもの時から人格形成始まってますよね。

最近、将来のリクルートを
小学生向けにしていこうと思ってまして(笑)、、
めっちゃアピールしておきました。

10年後、まずはアルバイトから、、、
来てくれたら嬉しいですねー。

ということで、、、
ちょっと元気ない母の日でしたが
知人友人の支援のおかげで少し元気取り戻せそうです!
やはり、やる気の源はそこです。
応援してくれてる人がいる、
必要とされているシーンがある。

ってところですね。
この記事を読んでくださっているみなさんも、
本当にいつもありがとうございます。

プンダミリアが16周年迎える9月には
人が集まっても良い世の中になっているのか否か!
その暁には、お店でプチ感謝祭 したいです!

母は強し

2021.05.07 Fri | CATEGORY:日々のおもい

私は朝音楽を聴きながら出勤するのですが
iPhoneのライブラリに入ってる曲は 3000曲ほど。

今朝はこれが聴きたいな、と
思いながらシャッフルしてみると、
3曲目でその曲が流れてきたのです!!

なんか、いいことありそう。
一人で『わぉ』
とつぶやいてしまいました。
緊急事態宣言で軒並みイベントは中止だし
京都大丸一階でさせてもらってたポップアップショップも急に中止となり
泣きたい気分なところですがこういった小さな幸せが
小さな潤い与えてくれますね。

さて、
そうこう言ってもいよいよ母の日です。
明後日、5月9日の日曜日ですよ!

自粛モードなのか、
やはりこういうことは大手商業施設の発信がかなりの宣伝力あるのか
お店が休業している今年の母の日を何日か知っている人はかなり少ないのでは。。
(ちなみに私の周りの人は強制的に知ってますが(笑))

母の日、それは私にとってもう、
そこに重点を置いて花屋になって19年やってきた、
とてもとても大きな存在の日。

今年は亡くなった私の母の7回忌ですが
親戚や兄たちから
「母の日終わってからでいいから」と
気を遣ってもらうほど。

自分の母の法事よりも世間の皆さんの母の日優先という(笑)。
そんなものです。
私の母はむしろ母の日を成功させて欲しいはずなので!
(母がたくさん出てきてややこし^^;)

そんな、母の日ですが
なぜ5月第二日曜日なのか?

それは1800年代に
Ann Jarvis(アン・ジェーヴィス)さんという
アメリカの婦人がいまして、
彼女は南北南北戦争で戦いに出た夫に残された
母と子を守ったり
自分も6人の子供がいながら負傷者たちを看護したり、
子育てしながらみんなをまとめた人なんだそうです。
その彼女の命日が5月9日。
彼女の娘が、それを母の日、として、
のちにウィルソン大統領に第二日曜日と
公式に制定されたそうなのです。

今年はまさにその命日が母の日にあたるというわけですね!

彼女が白いカーネーションを墓前に供えたので
カーネーションが母の日に送られるようになったんだとか。

母というのは偉大というけれど、
偉大というか、強いですよね。
守らなければならないという本能からなのか
肝が据わっているというか。

守らねばならないもののために世間体気にしていられない!
いざとなったら苦境に耐える!
みたいな?

女性っていうのはそういうものが本能的にあるのでしょうね。
だから強いというか。
ジェンダーのことを言うとタブーな世の中でありますが
やはり女性の特性ってあると思います。

母は強し!女は強し!
と私は思います。

だ、男性だってもちろん偉大ですよ!
女性に勝る強さがあるか、は
わかりませんが(^_^;)

そんな母の日ですが
会えないお母さんに送るに相応しいお花を考えました。
「あまびえちゃん」です。
あまびえのマスコットと、イモーテルという
『不老不死』といわれている
お花を入れたアレンジ。

疫病退散の妖怪と、不老不死のお花なんて
最強ですね(笑)!

それを母が持ったらどんな強くなるのか!
楽しみです。

母の日、会えなくてもお花を通じて
『元気でいてね!』と伝えてください!

お客様は神様なのかと言われると

2021.04.30 Fri | CATEGORY:日々のおもい

緊急事態宣言がでました!
プンダミリアのなんばマルイさん、くずはモールさんでの
恒例の母の日ポップアップショップは全て延期(または中止( ;∀;))
です。。

母の日直前になっての宣言で、
このお花たち、どうしよう?。。( ;∀;)
と毎日あれこれ考え中。
ピンチはチャンスというじゃないか!
数々のピンチがあって新しいアイディア出てきたではないか!
と心にムチ打って考えてます(笑)
落ち込んでても仕方ないですからね、
みんなみんな、大変ですからね。

それでも、
暖かいお家に住めて、楽しい仲間がいて、食べ物が美味しいと感じられ、
いい音楽が聞けて、毎日やることがあって。
こういうことがあるとそんな日頃の幸せに出会えます。
悪くないですね!

それに、いつも当たり前に感じていた母の日のお客様への、
感謝もひとしお感じられます。

さてそんな中、母の日前ということで
大丸京都店の一階でひっそりとプンダミリアは
営業させていただいております。
母の日に送るお花は不要不急ではない
という判断をしていただいた大丸さんに心から感謝です。

28日の初日。
私は店出しを手伝い、店頭に立ちました。

たくさんのお客様に見ていただき
こんな時だからこそお花にみなさん立ち止まってくれるのかなぁ、
本当、買わなくても見るだけで
うちのお花を見るだけで少しでも心がときめけば、
とっても嬉しいと思いました。

そんな中、あるおしゃれなご夫婦かカップルのお二人が見ていてくださり
他のスタッフがみんな接客していたので私がお声がけさせていただきました。

すると、その方
「わぁー!めっちゃかわいいめっちゃかわいい!
あ、やっぱりそうや、これ三条のお店やわ?!」と。
(大丸4階に入っていることはご存知なかったようですが)
知ってくださってるんですね!
と私がお声がけすると

「あのね、ここのお店って全然違うんですよ、他には絶対ないお花なんですよ!」
お連れの男性:
「花て、そんな違うか?」
→「もう、全っ然ちがう!本当に可愛くて世界観あるねん!」

と。
おそらく私は制服も着ていなかったので
派遣か何かの販売員と思われたのか
私にも可愛さをすごい説明してくれました(笑)!

心の中で
(お客様、あなたは今一番それを言われて喜ぶ人に話してくれてますよ)と
つっこみながら(笑)もう嬉しくて嬉しくて、
ありがとうございます、ありがとうございます、
ありがとうございます!!

うるうるしてしまいました( ; ; )

うちの店にとって一番大事なものは何か?
売り上げか?効率か?
いやいや。それは一番ではなく。

お客様の心に響く商品だ!
ということに改めて気付かされました。
形あるモノを売っている以上そこが大事なのですね。

心に響く商品を作り続ける。
心が伝わるお花を作り続ける。

これこそがプンダミリアのお花。

改めて感じさせられ、
それを伝えて行くことが私の役割。
と気が付いたわけです。

もちろん私はアーティストでもないし
かといって趣味でやってるわけでもないですから
経営ということが必ず付いてきますが

響くお花。心が伝わるお花を提案し続けていくことで、
それに共感してくれるお客様がたくさんになってくれるはず。

毎度こういったことに気が付かされるんですね、
お客様から。

そういうわけで、緊急事態宣言を恨めしく、
コロナを恨めしく思いつつも、、、
そんな大切なことに出会える運命、と受け入れて
ハッピーな方向に向かって
ハッピーを、届けるべく!

ステキなお花をたくさん作っていきたいと思います。

お客様はありがたい。
「お客様は神様です」
と言いたくなる人の気持ちもわかります。
この言葉は、お客様に媚びるようで
あまり好きではなかったのですが
違った意味で、お客様は神様のように
感じられました。
神のお告げなのでした!

いよいよゴールデンウィーク!
ささっと、ちらっと、
大丸京都店一階、プンダミリア本店にお越しください!

御所の轍

2021.04.23 Fri | CATEGORY:日々のおもい

連日ニュースになっている「緊急事態宣言」の行方から目が離せません。。。
母の日は私たちにとって一大イベント!
その母の日に企画していた
28日からの商業施設のイベントがなくなる予感・・・・
これを書いている午前中はまだなんの進展もありませんが、
休業となれば2月から用意してきた
お花が・・・・お花が・・・・
どうなるのでしょう????!!!!!
これはこまりました!
とりあえず、私の力で何もできませんので
なんとかできることを考えて行きたいと思います。

さて、今日は珍しく(年に1度ぐらいしかしません)
自転車で通勤しました。
家から店まではおおよそ4km。
京都には「京都御苑」がありまして
京都市民は「御所」と呼んでいますが
その御所を挟んで北に自宅、南に職場があります。
その御所をよけて道ができているので実は結構遠回りです。

ただ、自転車は通れるので中をつっきっていくこともできます。
すごい砂利道なので急いでるとかなり通りにくいのですが・・・
今日は通ってみたくなりました。
面白いことにその砂利道には轍ができていて、
その上を通ると比較的自転車が通りやすくなっています。
京都のどまんなかに、
こんなに広くてなんにもない平野、
贅沢な空間・・・
それと同時にすごい不安に襲われました・・・

恐ろしく広く感じられ、見渡す限り誰もいない!
鳥すら見えず、写真を撮るために止まったのですが
この世で一人ぼっちになった感じを体験しました!
しかも進んでも進んでもあまり風景が変わらない!
いったい私は丸太町にたどりつけるのだろうか!!!!

御所、さすが御所!
1855年からこの姿を変えていないだけあります。
なんか神々しいというか
神や仏が祭られているわけではないのですが、
なんか、すごい神聖な気持ちになるんですよね。

そんないろんな現実離れした感を感じながら
出たらすぐに不動産屋さんの看板が見えて、
あ、現実ね。と思ったのでした。

御所の不思議な感覚。
ぜひ京都に来たらというか、
京都にいてもなかなか行きませんが
たまには味わってほしいと思います。

そんなことを考えていたら
緊急事態宣言になって休業したらどうしよう・・・っていうことは
割と小さめに見えてきました(あくまで小さ目ですが)
大事なことはもっと違うところにある!
人生豊かに、スタッフやお客様の人生を豊かにするために
プンダミリア・スプンをどうするかを考えていかなければですね!

御所に入ってでるときには頭を整理されたという・・・
ワープした感じです!
なんかそんな漫画書きたいですね。
術がないですが(笑)。

ということで、いろいろ悩みがあっても
山へ行ったり海へ行ったりしなくても
御所に来ればいいんじゃない?
って思いました。

京都はそういう場所がいろいろありますね!近場に。

くよくよ悩まずはりきってがんばりましょーー!!!!
(自分へ言い聞かせてます)

良い文化を召し上がってください

2021.04.16 Fri | CATEGORY:日々のおもい

いつもなら修学旅行生と観光客でいっぱいになる京都ですが
去年に引き続き・・・・
出歩いている人はとても少なくなりました。
こうして、ニュースのコロナ患者数で人出が左右されるのは
なんだかもう嫌だ!という感じですが、
ワクチンが出回るまでは仕方ないのでしょうか。
そしてこんなコロナ渦ではありますが
母の日のイベントが決まりつつあります!
くずはモール、なんばマルイで期間限定ショップオープンします。
商業施設は感染対策しっかりされていますので
ぜひ足をお運びください!

さて
私は「徹子の部屋」という番組をもう10年以上録画しているのですが
(見終わったら消しています)
なんせそんなにも見る時間がなくてゲストを抜粋してみております。

先日は美輪明宏さんがゲストの回を見ました。
御年85歳。
それにしても昔からゆったりとしたお話し方というのもあるのか、
声や話し方は全然お変わりありません。
コロナをどう見ているか、という徹子さんの問いかけ、
戦争経験者のお二人に言わせれば
ステイホームも、防空壕に隠れているよりはマシ。
とさすがのご意見でした。

話はそれますが
最近、思うのです。
老いが怖いといいつつも年を取るにしたがって、
失敗や逆境を経験した数だけ乗り越えられていて、
またそういう時が来れば
「あの時こうして乗り越えたから大丈夫!」
という自信というか確信が持てて強くなってるなぁと。
見た目は老いますがそれだけ心は強くなっているので、
良しとしようとおもいます。

戻ります・・・
美輪さんに徹子さんが質問しました。
「コロナをどうやって乗り越えたらいいとおもいますか」と。
すると美輪さんはこういいました。
「人間は肉体と理性・つまり心、でできている。
肉体は物を食べてなりたっているわよね。
悪い食べ物を食べたら病気する。
良い食べ物を食べたら健康になる。
心は何からできているというと
文化を栄養に生きているの。
悪い文化を取り入れたら心は病気になる。
だから良い文化、音楽や美術やスポーツ
そういったものの中から良い栄養を吸収するべき、
今こそ心をしっかり豊かに保ってほしい」
と。

そんなことをおっしゃっていました。
一言申し上げるなら
「良い文化を召し上がってください」
という事かしらね。と。

なんかすごいすごいとは聞いていいたがこの人すごい。
と率直に思いました。
まず言葉に魂がある。
人を納得させる話し方、そしてお釈迦様のような問いかけで
妙に納得させられました。

本当に。
良い文化に触れるということが目に見えないものではあるので
どうしても後回しだし、
コロナで問題になりましたが演劇やライブが
直接見れなくなることで
一見ウィルスからは守られるようには思いますが
文化に触れられない、ということになりますね。

いやぁ、美輪さんが言うからにはそうなのでしょう!
良い文化を・良い文化を・良い文化を!
とあれから私の頭を離れません!

考えてみればお花(プリザーブドフラワー)

を作ることも一つの文化的行動。
私はコロナ渦でありながらあまり精神を病んでいないのは
こういった仕事をさせて頂いているからなのかもしれない
と改めて自分の仕事に感謝するに至りました!

美輪さま、ありがとうございます。

後半は
80代半ばの二人が
恋愛論について話してました。
「あなた、めんくいね。」
「私はめんくいではないのよ」
「あなたはめんくいよね」
「そうね、めんくいのときとそうでないときがあるわ」
等と
10代の女子が話す内容と変わらないことを言っていました。

でも、
「いい恋愛たくさんしたわ、あなたもそうでしょう」
「そうね、したわね」
「やり残したことはない、幸せな人生だったわ」
「私も、そうね」

この言葉は、10代では出てきません。
やはり、重みが全く違います。

心の健康のためには恋愛も欠かせない一つの文化なんですね。
80代半ばのお二人がこうやって人生を振り返り
幸せだったわ。と言える。

私も85才になった時に
やり残したことは、ないわ、と
言えるような人生をあと少し?
歩んでいきたいと思ったのでした。

猫の不思議な魅力って

2021.04.09 Fri | CATEGORY:日々のおもい

た、大変です!

花の材料が足りません!!!!
プリザーブドフラワーのお花はバラやカーネーションがメインで
そのほとんどが南米で育てられています。
日本は季節がはっきりしていてお花を育てるのにとてもコストがかかります。
そのため南米やアフリカで育てられているお花が多いのです。
ところがコロナの関係で、、、
今日植えて明日収穫というわけにはならないので、
半年ほど前のコロナの影響が今出ているそうな。

ということで、1番の繁忙期である母の日前だというのに
材料が手に入りません!
しかしそれではお客様も私たちも大変困る!
ということで最近の私は日々仕入先をどたどたと回って
両手に荷物を抱えながら仕入れているという
とてもアナログなことをしております。
大荷物で京阪電車阪急電車に乗っている私を見かけたらぜひ、、
手を貸して下さい・・・・。

さて、
先日大丸京都店で開催されていた
「岩合光昭の世界ネコ歩き展」に行きました。

犬派・猫派と聞かれたりしますが
私はいつも悩ましいところです。

岩合さんの写真は
世界中の猫のごくごく自然な姿をとらえ、
写真なのに猫が今どんなことを思っているのかということも
想像できてしまうほど表情が豊かです。

写真なのに、見ていて
涙したり、くすっと笑えたり、ハッと驚かされたりします。

今回はミャンマーの水辺で
少年と暮らすネコの写真が私は印象的でした。
少年と猫は何をするにも一緒、と。
本当にこの男の子が猫をかわいがり
ネコも安心しきっている様子が伝わってきます。

私は小学校1年生の時
学校から帰ると自分の部屋から
子猫が飛び出してきてびっくり!!!
両親が兄たちと年の離れている私がさみしがらないようにと
ネコをもらってきたのです。
じゃりんこちえというアニメが好きだったので
「ちえ」と名付けました。
本当、何をするのも一緒、学校から帰ってもチエが迎えてくれ
私もそれを楽しみに帰っていた記憶があります。

猫って、犬より不思議な
生き物だと思いませんか(笑)。

種類によって行動に違いがあまりないですし、
気まぐれな性格はみんな同じ。
すりすり体を擦り寄せてきたり
と思ったらすぐどこかへ行ってしまったり。

わかってるんだか、
わかってないんだか。。

それが世界共通ってのもすごいです。
どこの国にもノラ猫がいて、
ノラ猫なのに、みんな種類が似ている。。

怖がりなので人間に危害を及ぼさないから
ノラ犬はいなくてもノラ猫は世界からいなくならないのでしょうか?

なんか私猫とは性格が合いやすい気がするんですよね。

かといって、大きなイヌも大好きです。
ラブラドールレトリーバー、大好きです。
見かけるとついつい触らせてもらったりして。。

うーん、わたしの八方美人的性格上
猫派とも犬派とも言えませんね。

しかし、猫のああいう小悪魔的魅力、羨ましいなぁ、
自由で全然八方美人じゃない。。。
見習いたいところです。

歩こう歩こう!

2021.04.02 Fri | CATEGORY:日々のおもい

今年は温かくなるのが早く・・・
昨年の3月31日の写真をみると
分厚いコートを着て鴨川で桜を見ていました!
サクラは咲いていたけどとっても寒かったんですね。
だから長く楽しめたのかなぁと・・・

今年は温かく、
鴨川には半そでの人もいました!
温かいお花見は理想的ですが・・
楽しめる時間が短いのは残念。

いや、あっという間に散ってしまうことにこそ
桜の良さがあるのかもしれません。
そんなことを思えるのは結構な年を取った証拠ですね。

さて、先日一日大阪のあちこちで仕事がありました。
京都と大阪は隣だし、私ももう27年!京都に住んでいるので
何度となく行っています、余裕です・・・・

といいたいところですが、
いつも移動は地下鉄。
大体梅田から地下鉄に乗り目的地に行っていたもので、
どんな地理関係かをあまり知らずにいました。
京阪で行くこともあります。
その場合は大体淀屋橋駅から地下鉄です。

それが、先日は
堺筋本町駅で降りて最初の用事を済ませ
本町、心斎橋、なんば、そして
梅田に戻ってくるルートを予定しました。
それをなんと徒歩で回ってみました!
天気のいい日だったので気持ちよく歩けそう!と思ったのと、
Googleマップによるとそれも不可能ではないということが
わかったからです!

なんばから梅田に向かう途中で結構
心が折れそうになりましたが・・・
淀屋橋を通ったあたりで、
淀屋橋ってこんなところにあるのね!とか、
大体歩いている道が「御堂筋」ということも
そのあたりで気が付きました。
それに歩いていると堂島に着きここから北新地と梅田って近いのね!と
大阪の人が聞いたら笑ってしまうような事実に気が付きました・・・(;^_^A
情けないですが。。。
西梅田と東梅田ってほぼ同じと思っていたけど全然違うのね、
ということとか(笑)。

歩きながらいろんなお店を見ることができて
街の感じとか、建物とか、地理関係を考えながらあるいたら
あっという間に梅田に着きました。

いままで27年間わかっていなかったことが
すっかりわかりました(笑)。

Googleマップが目安の時間を教えてくれるだけで
何となく歩く気になりますよね。

最近は運動不足ですが歩くことだけは
心がけています。

2年前に行ったベトナムではまだ地下鉄が建設中で
できていませんでしたのでほとんど徒歩で回りました。

昨年の台湾も毎日2・3万歩歩きました。

車や地下鉄で通り過ぎてしまう景色の中に
自転車で通ったら少し発見があり、
さらに歩いてみると自転車よりも発見があります。

歩くのは時間がかかり効率が悪いと思われますが、
歩くと必ず発見があり、効率では得られないものが得られますね!

真夏と真冬はこんなにたくさん歩くと身体を壊しそうですので・・・
今の季節たくさん歩いて街を知る!と良いなと思います。
ちなみに、この日の歩数は2.5万歩!
なかなか歩きました。
足の裏の皮が厚くなってしまうのが恐ろしいですね(笑)
歩きやすくて可愛い靴を探し中です。

今度は仕事で広島に行くので
ぜひ広島の街を歩いてみたいと思います!

朝礼はコミュニケーションの場!

2021.03.26 Fri | CATEGORY:日々のおもい

台湾で始める予定だった仕事が
台湾に行けないのでストップしてしまってます。。

そもそも台湾の料理が好きで
雰囲気が好きで、人が好きで、
仕事をはじめたかったのですが、
もう少し、行くことができないのは覚悟です。

ということで、
先日仕事で大阪に行った時に通りがかりに
台湾カフェを見つけて入ってみました!

そこで見つけたのは!
私が台湾で朝ごはんとして出会って大好きになった
シェントウジャン。

豆乳に酢を入れて、なんかをなんかすると、
豆乳が凝固してドロドロになり
酸っぱ辛いというか、
なんか、例えようのない味がして
それはとても癖になるのです

そのシェントウジャンと出会いました!
もっと日本人に合わせて、上品な
味ではありましたが紛れもなく台湾の味でした!

さて、
ここ10日ほどでしょうか。
新しい朝礼を始めました。

私がテーマを決めて
1日2人が、そのテーマで発表する
ということ。

そういうと、なんかすごいできる会社みたいでしょう??
目標高く、時世ニュースも取り入れてみたいな。

ところが、私ですから!全く違うんですね?(笑)。

きっかけは、私はスタッフに
「昨日こんな晩御飯をつくったらさぁ、、、」
「今朝こんな人がいてね、、、」
などといつも聞いてもらってて
スタッフは私のことよく知ってると思うんです。
私もスタッフの個々のことは知ってることも多いはずです。
けれど、スタッフ同士ってもしかしたら
あまり知らないのかも?

うちの店はほぼ無休ですから
シフト制で、全員が顔を合わすことは滅多にありません。

なので、朝礼でそんな日常のことを話してみようか、
と突然おもいました。

そしてある日
突然、はじめたのです。

「さぁ、今日から朝礼変えます!
今日のテーマは、最近うれしかったちょっとした
出来事。これを1日2人に聞いていきます」

と。みんな、えええー!と戸惑いながらも
意外とすんなり、
楽しそうに話してくれました!

私のツッコミに合いながらも
みんなが、みんなを知ることがとても楽しそう。

そんなふうに思うんだ、とか
私もやってみよう、とか。

そんな感想もでてきました。

ついつい、テーマによっては全員の
聞きたい!ってなるから
今日は全員!とかいう時もありますが(;^_^

プンダミリアらしい朝礼です。
いまは大丸店は別でやっていますが、
この時代ですので大丸店にもズーム参加
してもらおうかと思ってます。

毎日のテーマを決めるのが私の担当で
それも楽しい!

コロナで友達や同僚とご飯に行けないですし、
今後もすぐに再開とはならない空気ですので
朝礼で「自分を知ってもらう」
「人を知る」
という時間、とても良いと思います。

人に話すって案外ストレス解消ですよね。

私はコミュニケーションのつもりで
今までスタッフにいろいろ聞いてもらってたのですが、
実は助けてもらっていたんだなぁと
改めて感謝しました。

これからのいろんな
スタッフの話、楽しみです!
時々、ここに使わせていただくかも(笑)。。

コラム風の続きを・・・

2021.03.19 Fri | CATEGORY:日々のおもい

すっかり春めいてきて気持ちの良い日が続いていますね。
(週末はまた雨予想ですが・・・)

うちの経理スタッフのお子さんも小学校卒業・・・
ということで、卒業&入学式につけられる
コサージュを作らせてもらいました!
写真がそのコサージュです。

コサージュというと
硬いオーガンジーのような素材で作った大きなお花が定番ですが
私だったらこれをつけたら逆に老けてみえるような・・・(;^_^
それで、私ならこう言うのがいいかな!
っていうのを、
その方の好みと合わせて作ってみました。
最近はシックな地味目の色合いのほうがおしゃれ感があっていいですよね。
つくりながら、コサージュはうちの定番商品化しても良いなぁと思いました!

さて、
前回のコラム風「ビバヒルが私の青春」
の中で私が京都に来た理由は・・・
ということを書き出したのに
結局は単にアメリカに憧れる女子高生
ということろで止まってしまいました。

「気になる!」
というそこのあなたへ続きをお伝えします(笑)。
(気になると言ってくれたのは若干1名でしたが(;^_^)

コラム風
「今度こそなぜ私が京都に来たか」

そんなこんなでアメリカにかぶれていた16歳のころ。
今思い返すとまだまだ子供、、、
なのに大人ぶっていたなぁ・・・。

アメリカで
「生きている!世界は広い!」
ということを知った私。
まぁ長野の田舎でいじめられていた小・中学時代を過ごし
高校でもなかなか周りになじめず、
そんな私が生きた心地を覚えたのがアメリカだった。

自由の国というと大げさだが
ヘイメン!ワッツアップ!みたいなホスピタリティにあふれ、
すれ違う人に
「そのスカートいいわね、どこで買ったの」
とか
渋滞で隣合った車に窓を開けて
「まったく、どうなってるんだよね!
ところで、そのステッカーどこで手に入れた?
え?コネチカット、コネチカットに従妹が住んでいて、
え?それは偶然!やっと走り出したぜ、じゃいい旅を!」
みたいなそんな人と人が気軽に言葉を交わしあうことに驚いたし
ちょっとおもしろくなったし、胸がざわついた。

私が居心地がいいのはここかもしれない。
40代になり振り返るとまだまだ子どもが何をいってるのか!
と思うがその時はもうそれが世界だった。

だからアメリカの大学に進学すると決めた。
英語の先生も推薦で入れる学校を探してきてくれ、
留学したいという生徒はあまりいない学校だったので個別特訓。
英語論文を書く特訓をして先生の協力で
両親にも説得をし東京まで受験に。

なんとか合格したものの、
やはり親が治安を気にして許してくれない・・・
連日連夜の話し合いで、なんとか先生を説得するも・・・・
留学は日本の大学行ってからでも遅くない、と諭され。

職員室で大の字に寝転がって
泣きわめいた日は一生忘れないだろう。。。。
先生たちが集まってきて
「き・きのした、おまえなぁ・・・」と
なだめられた(笑)。。

それで結局泣く泣く留学を諦めてその時すでに12月。
受験勉強していない私がこれから
入れるのは4年制の英文科はほとんどなく
推薦の枠のみ。それが
京都の「光華女子大学英米文学科」だった。

大学は確かに偏差値。
けれど入ってからは個人差がすごくあると思う。
熱心ならば偏差値の低い大学だって結構しっかり勉強できる。
いい先生だっている。

大学に入って本当にそう思った。
私はもう少し遊んでも、
と思うほど(でもないか・・・)
まじめに勉強して、英語科の教職免許も取った!
まぁ今はそれが何にも生かされていないけれど
その時があったからこそ今があるのかな。と。

そんなこんなで今にいたるのである!

今なぜアメリカにいないか・・・
つまりそれは
「京都に出会ってしまったから」
なのかもしれない。
京都は閉鎖的で小さな町と言われることがあるけど
そんなことはない。
色んな人が集まる面白い街。
差別的な歴史もあったりするけれど
アングラな文化が実はすごい受け入れられていて。
サブカルやアングラな世界が生活の中に関わっていて。
とてつもなく古くもあり、新しくもあり。
とにかく楽しい街なのだ。

どこに住んでいても、
アメリカのあの自由な感じ、
ホスピタリティ満載なマインドは忘れたくないし、
それは私の中に根付いている。

だから、アメリカだけでなく、
世界中いろいろ行って異文化を見たいし
それには、一つの拠点というものが必要なんじゃないかなあと。

それは私にとって今のところ、京都。

いまは海外どこにも行けないけれど
自分の「プロ」の部分を通して(プリザーブドフラワーです)
いつかまた色んな国に行っていろんな人と出会えたら楽しいだろうな、と
思うこのごろ・・・。

コロナワクチンもいよいよ身近なものとなりつつあり
街は人であふれています。

じわりじわりと、
日常が近づいてきていて浮足立っている感じですが
また逆戻り!とならないように祈るばかりです。

コラム風『ビバヒルが私の青春』

2021.03.12 Fri | CATEGORY:日々のおもい

西宮阪急での催事が無事終わり、
本当に多くのお客様に来てくださって、
毎回感じますが、、、
西宮に住みたい。。
それぐらいお客様がみんな暖かくて
売り上げ、というよりも直接のお客さまのお声がすごく嬉しくて!!
今回イベントさせてもらってよかったと、心から思いました。
新提案の、『filler bouquet +One』(写真)も、大好評。
小さなプリザーブドの葉っぱや小花のブーケに、
一輪好きなお花を添えて飾る、提案です。

「かわいいですね!」
「めっちゃかわいい!」
「全部欲しくなるー」
とか連続して聞くとなんだか忘れていたあのざわめき・・・
っていうと大袈裟ですが、
去年一年イベントができなくて、
ちょっと自信を無くしていたところもあるので、、、
こんなにたくさんの方に来ていただきうるっとしてしまいました。
お客様はありがたいです。
ありがとう、西宮、西宮阪急!!
また、必ずもどってきたい!

さて、いきなりですが
ちょっとコラム風です。

先日、その西宮近辺に住む比較的新しい友人と話していて
「しまこさんは、どうして京都に?」
という会話から
高校生ぐらいのときのことを思い出すことになった。

16歳から18歳の3年間は本当に人生を変える事がたくさん。
多くの人にとってもその3年間というのは
分岐点になるのではないだろうか。

それまで田舎の山の中で
特に大きな刺激もなく暮らしていたわけで。
大きな夢なんて一つも持たなく。
何かの才能があるわけでもなく。

周りの友達は
「考古学者になりたい」
「イラストレーターになりたい」
など目標があり、夢があり羨ましく思っていた。

その私が初めて何かに興味をしめしたもの、それは、、、
1990年代大ヒットした「ビバリーヒルズ高校白書」!!
15歳、初めて見た時の衝撃!
アメリカってすごっ!
なんだあのおしゃれな生活は!!

ストーリーは言わずもがな
ビバリーヒルズに住むセレブな高校生の恋愛やら人間関係やらを
描いたストーリー。
アメリカ人だってあんな生活をしてる人は
ほーんの少しってことは後に気がつく。

ビバヒルみて、英語で見たくなり
「あー英語喋れたらこんな世界に入れるんだ」
などとかなり浅はかな入り口から英語に興味を持つことに。

まぁ、当時の私は(いまでもかわらないといえばかわらないけど)
なんせ小泉今日子真似したけど
全然ダサいショートカットで
意味不明の日焼け止め禁止のテニス部で色は真っ黒。

典型的農耕民族体系で
ビバヒルの登場人物とは似ても似つかぬことに
なぜ気が付かなかったのか?
(それは気が付かなくてよかったのだけど。)

けれど、もうアメリカに行くと言ったらいくんだ!!と
周りの大人を大勢巻き込んで親を説得。
16歳。
単身6週間のアメリカホームステイに!
当時日本人皆無の、メーン州。
(ちなみに、ビバリーヒルズとは正反対の東海岸ですが)

まぁ、そこでもさらにさらに
人生の価値観を思いっきりひっくり返される!
アメリカ、でかい!
アメリカ、かっこいい!
アメリカすげー!!

世界って広い!!!

もう、頭の中夢のような気持ちで帰ってきたけれど、、
現実は厳しく。
部活休んで行ったものだから
帰ってきたら総すかんで、、
居場所がなく、仲良かった友達が口も聞いてくれない!

まぁ、今思えば、真剣にやってるひとたちからみたら
「は?アメリカ!まずは試合に勝ってからいえ!」
てことだろう。

けれど、わたしには、
私の心の中は世界の広さ、とか
違う考え方を受け入れる、だとか
そういったなんにも変え難い考えや気持ちがぐんぐん成長して
部活を休んだことでこんなにもイジメてくる周りの友達が
ちっぽけに見えたのだ!

気がつけば、
なんにも夢がなかったわたしに
目標はできていた!
こうなりたい、というイメージができていたのだ。

それはまさしくかけがえのない経験で、
結果その目標とまるっきりちがう生活をしているいまでも、
全く後悔していないし、
あの経験があるからこそ
何か一つプロフェッショナルになるということの大事さに
気が付いたのだ。。(とおもいたい)

とにかく、なにがいいたいのかは特になくて、
なぜ京都にきたのか?
と考えていると毎回ここに行きつく、
というだけの話で、、恐縮です。

あー、あの時アメリカ留学していたら
今頃どんな人生だっただろう。。

まぁでも、一つ言えることは
「京都に来てよかった!!」
京都は本当にいろんな人と出会える街。
縁もゆかりもなかった人に出会える街。

その京都で、とっても小さいながら商売させていただいている。
それって、結構、すごい経験じゃない?
めっちゃありがたいことじゃない??

と、
これも、世界を少し垣間見たから思える事だろう。。