ネタが、ない!と言いながら。

2020.12.04 Fri | CATEGORY:日々のおもい

さぁ本格的に冬がやってきましたよ~
朝お布団から出るのがやだ!と
今シーズン初思った金曜の朝です。

今日は大丸店のミーティングでした。
大丸が開店する前にみんなでコーヒーショップ(←コーヒーショップって・・・)
に集まってミーティングです。
大丸店は現在私より全員年上なのですが
なんだかとてもビビられている感があります(笑)。
そんな怖くしているつもりはないんですが
「オーナー、どうぞどうぞ!ここへ」
「オーナー、私が持ちます」
「オーナー、ちょっと言いにくいことがあるんですが」
と、めっちゃできる上司になった気分(笑)。

いやはや、、年上の人たちがそんなに気を使ってくれる立場なのね、私。
みんなのためにもっともっと頑張らなければ!
と思わされた今日のはじまりでした。

さて、
今日は、特に書くネタがありません。
それではまた来週!

・・・・・・・・・うそです。
でもネタがないというのは本当なんです。
最近はお花のことばかり書くのもなんだかなぁと思っていて
好き勝手に私の身の回りのことを書いたりしています。
誰が興味あんねん!
ということですが・・・
それでも意外と反響をいただいております。

そんな私ですが、忙しいと特にネタがありません。
なんでかというと仕事しかしていないからです。
それも、結構地味な仕事。
ですので、ネタにすることがないんですよ。

あ、一つ思い出しました。
忙しくなる前の日に関東の友達とベトナム料理に行きました。
何度も行っている小さなお店。
しかし関東でも有名らしく友人たっての希望で行きました。
なんと、今年からコース料理のみとなっていました。
最初は・・・あれもこれも食べる気分で来たのでちょっとショックでしたが、
まぁ美味しいお店だしどんな感じのがでてくるのか楽しみ!
と思いながら待っていました。

すると、見たこともないような不思議なお料理が小皿で次々と出てきます。
めっちゃ、おいしい!
食べたことないのにめっちゃベトナム感!

オーナーに話を聞くと
「誰でも彼でもベトナムでは生春巻き食べてるわけちゃうねん。
そんなもん都会の食べもんで田舎の地元の人らはそんなもん食べたことないゆー人らもおんねん」
ということ。なるほど。
「ぼくね、大病したやんか。(それは知っておりました)
そんで奇跡的に命拾いしたからもう好きなことしかしたないねん。
好きな料理しか出したくないねん」
うわぁ!!!!!
ずしんと来るわ、その言葉。
わかるわかる。本当に。
お客に媚びないというか、お客来て来て!という感じではなく、
自分の本当に好きなものを伝えてるだけ。
そしたらお客さんは好きな人が集まりみんなハッピー。
というわけ。
本当によくわかります。

私はその言葉を聞いてこの、コースを食べに来たい!と
思ったわけです。
そうやって狭めるかもしれないように見えて
実は深く広がっている感じが良いですよね。

ただ、本当に脱力系オーナーなので
それが狙いかどうかはわかりませんが。

味そのものだけではなく
ストーリー込みでファンが作られる。
そんな勉強をさせて頂きました。

私もまだまだです。
ストーリー伝えられていませんね。
それが魅力となり、
小さなベトナム料理店ですが著名人がお忍びで?たくさん来られます。
これは口外してはるのでいいと思いますが私と話してるときにも
竹中直人さんからLINEが来てました(笑)。

それましたが・・・
とにかくそういう姿勢はなんだかとてもわかります。
お料理もお花も、その場で作って販売する仕事です。
つくる、ということに魂込めないと行けないし、
その魂はなんやというと、自分のポリシーと
お客様のご希望ちあいまって発生するものなんだろうなって考えました。

あ、結局めっちゃネタがありましたね。
ネタ多き一週間になるように今週もがんばります!

袋、持ち歩いてますが。

2020.11.27 Fri | CATEGORY:日々のおもい

秋も終わりですね~

先日、立派な栗を目にしまして
なんとなく買わないといけなきゃ!
という気持ちになり手に取りました。
その前にも焼き栗を買ったばかりでして
家にも栗のパイがありまして・・・
買って帰った栗はせっせと皮をむいて栗ご飯に!
なんだか栗ばかり食べています(笑)。

こないだまで栗は好きではなかったのです。
手作りの美味しい渋皮煮を私の福知山の『両親』的存在の方に頂いてから、
栗が好きになりました。

年を取って食べ物の好みも変わってくるんでしょうか。。
そのうち「やっぱり演歌だね」という日も来るのでしょうか・・・。

さて。
エコでいわゆる「スーパーの袋」が有料になっていますね。
エコはいいことです。
実際ポイっと捨てていた袋をもったいないと思って使いまわすようになりました。
なんだか自分でもお金で動かされている感が納得できないのですが(笑)。

以前から百貨店の過剰包装には疑問があったので、
それがよくなっているな、とは思いますが。。

欧米、いや日本以外といっても過言ではないのですが
ほとんどはおそらく「お渡し用の袋」なんてくれないと思うんです。
それどころか、
プレゼントと言おうがくしゃくしゃの紙にぐるっとまいて
ほいっ!と渡されるだけ・・・
贈答品を風呂敷で包むという文化から、
渡すときには綺麗な包みで、ということなのでしょうが
1つだけ買った時でさえお渡し用の袋をくれるのは、
資源の無駄のような・・・。
日本以外にもそんなことをやってる国があるのか知りたいものです。

それが!!
今回極端に「有料化」になり、
急にエコエコみたいになりましたね。
もちろん良いことです、使えるものを使いまわすのは。
けれど
有料化が義務付けられていないものに関しても有料化されていて!
困るときあります。
まあ、買えばいいんですけどね、
例えば明らかにプレゼントの時!
ケーキ屋さんで、かわいいケーキを買って手土産にもっていこうと思っているのに
「お手持ちの袋ありますか?」と・・・。
え、あったとしてもそんなプレゼントするのに
くしゃくしゃのスーパーの袋に入れるなんてそれはないわ!
と思うわけです。
ギフトには必要になるわけですし
義務付けられていない素材の袋はせめてほしいと思います!
ということで、
当店は以前から「お渡し用の袋」はお渡ししていませんが、
需要のほとんどがギフト、
そうでなくても無料の素材の袋ですのでお金をいただいておりません。

せっかくの心を込めて作ったお花が
エコの観点からくしゃくしゃのビニール袋に入れて
渡されたら価値が半減ですからね!!

とはいえ私もちゃんとエコバッグまたは袋は持ち歩いてますよ!
袋がなくてそのものを持っている人も見かけますが(笑)
こないだは
卵を片手に歩くおじさんをみましたが
おそらくそういうことなのでしょう。
1年前に見かけたらちょっと目視してしまいましたよね・・・(-_-;)

ということで、11月ももう終わり。
良い最期の1か月お過ごしください!

老いについて思うこと

2020.11.20 Fri | CATEGORY:日々のおもい

年に一度、
クリスマスだけ装飾をさせていただいているお店やビルがあるので、
この時期はディスプレイでてんやわんやしてます。
いつもならインナーダウンを着込んで挑むところ、
今年は半袖になりたいほど!
暑い暑い11月ですね。
クリスマスディスプレイをしてるのがなんだか不思議な気分です。
今年は雪を期待していましたがなんだか急に期待薄に( ;∀;)
まだまだこれから、わかりませんよね!
※写真はディスプレイの一部です。

さて、
先日誕生日を迎え年を一つ重ねてしまいました。
若々しくありたい、と思う一方
“老い”を感じずにはいられないこのごろ。

男性は、シワが増えても白髪が混ざっても『しぶい』とかいわれたりしますが
女性の老いには、否定的な反応が多いように感じます。

話が変わりますが
最近、Netflixの「愛の不時着」という韓国ドラマを全話みました。
親友の毎日の熱心なアプローチによって、
見ざるを得ない状況に追い込まれた(笑)ため、
最初は半強制的に見ておりました。

このドラマ自体は結果的にかなり面白くて、
北朝鮮の様子がうかがえたり、人間模様がとても良くて感動しました。

いちばん感動したシーンは
韓国に帰っていった大手化粧品会社の社長(ヒロイン)が
北朝鮮の人とは連絡が取れないので
お世話になった主婦4人組の似顔絵をパッケージにした石鹸を売り出して、
間接的に4人組の主婦に「元気だよ!」と伝えるところ。。
近くて遠い、北と南の壁。
空を見上げてる4人のシーン。
泣けました。

それを親友に伝えると
感動するところがズレてる??と呆れられましたが(笑)。

さて、
そんな不時着ですがそもそもは恋愛が中心の物語です。

立場がちがい、結ばれない恋人同士のシーンが良く出てきます。
その中のセリフで主人公の北朝鮮の男性が
別れる運命の韓国の恋人に言うのです。

「年を取った君を見てみたい。
シワができて、白髪になり老いていく君を見てみたい」

・・・え。
日本人でこんなこといえるひと滅多にいないでしょう!!
そんなそんな素敵なこと!
ずるい。ずるいよ!いーなー!
年を取った君をみてみたい、なんて!!
そんなこと言われたら無敵ですよね(笑)
1番の嬉しい言葉かも。

それと、たまたま
『おらおらでひとりいぐも』という映画化された自伝的小説を書いた
著者若竹さんのインタビューを見ました。

もともと、
夫を亡くして老いることが怖かった、
しかし年を取らないとわからないこと、
年を取ってこその楽しみ、
余裕を持った世間の見方、
そういったことを経験して、
年をとるって楽しいんだ、
と思ってこの小説を書いた、
とおっしゃっていました。

この2つの経験から、
私は年をとることを恐れ過ぎていたのかも。
なんだか、焦り過ぎていたのかも。
と思うようになりました。
老いるって怖い、そう強く思っていましたし
年齢を言うことに抵抗がありましたが
シワができたり、シミができたり、
白髪(これは抵抗していきたいですが)になったり
老眼になったり、たるんできたり。。
そんな自分だって愛すべき自分なんだ!と。

そう思ったら急に人生が少し長く感じられるようになり、
焦っている自分が落ち着いて来たように思います。
年をとるって楽しい!
と強がりではなく言ってみたいものです。

以前はそんなことあり得ない!と
老化する自分に目を背けて
わざとコンタクトをしないで化粧したり
明るいところでは鏡を見ないようにしたりと、
していましたが

老いることを眺めてみてもいいのかも。
なーんて思えるまで成長しました!

かわいらしいおばあちゃんになるためにはやはり内面を磨かねば!
年を追うごとに、内面が外見に移っていくことに気がつきました。

年を重ねていくたびに自分らしくいられて
人生を謳歌できている自分でいられるために、
今の環境を大事に一生懸命、仕事したいなぁ、
人の役に立ちたいなぁと、
感じる秋の夜長なのでした。。

cheer

2020.11.13 Fri | CATEGORY:日々のおもい

先日クリスマス商材を取りに長野の実家に帰ってきました。
父がキノコをたくさん採って待っていてくれたので、すき焼きをしました!
森のかおり!
やっぱり、室内で育てられたキノコとは違って山の味がして美味しい。
この時期ならではの贅沢な食べ物です。

その時期、その土地でしか出会えない味というのが本当の贅沢なんだなぁ、
お金で買えないね。と感じました。
あーおいしかった。

あ、前々回書いた父の携帯電話についてなのですが、
無事!スマートフォンデビューをしました!!
やっぱり。
無理無理と言ってできる男、です(笑)。
LINEは使わないと宣言していたのに
登録した途端いろんな人からLINEがきてまんざらでもなさそう・・・
父は名古屋出身で古くからの知り合いはみんな愛知県に住んでいますので
そうそう会えない人からの連絡がたくさんきていました。
会えなくても(特に今は)
こうして手のひらから気持ちを送りあうことができて、
本当によかったなと思います。

そしてあれだけLINEはしないといっていたのに
昨日はスタンプが送られてきました。
使っているようです(笑)

さて・・・・
私は真心ブラザーズのファンだということを
いつかどこかでお伝えしたかもしれません。
その真心ブラザーズが新しいアルバムを出しました。

早稲田大学時代の先輩後輩である
YO-KINGさんと桜井さんの二人なのですが(兄弟ではありません)
なんというかその考え方が好き(笑)
LIVE行ってもMCでめっちゃ笑う・・・。
曲ももちろんなのですが、
YO-KINGさんは、「機嫌がいい」ということが
一番素晴らしいというような考えでいらっしゃいまして
新しいアルバムも
「cheer」は
機嫌がいいという意味を英語で調べてつけたんだと言ってました。

あと、インタビューでは
「アルバム作るの、簡単。簡単なことは得意なこと、それを仕事にするべき」
と言っていてとても納得しました。
「苦しんだり、辛い思いをしながらするって実は得意ではない、
それなら得意なことを仕事にしよう」と。

まぁそんな簡単にはいかないものですが
確かにおっしゃる通りだと思うんです。

人には向き不向きがあり、
人生の大半働いて過ごすわけです。
それなら楽しく、やった方がいいということですね!

ということで、そうおもいながら私の仕事を考えてみると
我ながら楽しい仕事をさせてもらっているし
これは得意なことだなぁと感じました。

しかし!
仕事のなかでもいろいろでして
不得意なこともあるわけです。
書類を出すとか、支払いに行くとか。
だからそれは得意とする方にやってもらえて
今は得意な仕事に集中できるわけです!

そして、これからも仕事の幅というか広がりを考える際に
「これは得意か?」
と問いかけてみるべきだなと思ったわけです。

コロナでちょっと辛い世の中、
cheerを聞いてゴキゲンになってください☆

せわしない、年末のはじまり

2020.11.06 Fri | CATEGORY:日々のおもい

世間では・・・
大阪都構想の選挙が終わり、アメリカ大統領選挙のさなかです。
このメルマガが配信される頃には決まっているんでしょうね!
バイデンさんかトランプさんか!

どちらの選挙も大接戦でとても
難しい選択の選挙だったのかもしれません。

しかし、いつも疑問に思うのは日本の投票率の低さ!
コロナで、マスクをしなさい!
と言われたらみんなするのに
選挙に行こう!
といっても行かないのは何故なのか??
自分の大切な将来がかかっているというのに!

コロナは自分がかかったら困る!
とすぐに思えるのに
選挙は自分のことだと思えない。。

「どーせだれがやっても一緒」
「興味なし」

なんでしょうか。その考えをそろそろ変えたいものです。
みんなが選挙に行けば変わることもありますね!

さて
11月に入ると徐々に、クリスマスモード!
プンダミリアでもクリスマスの準備に取り掛かっています。

寒くなってきて気分も、年末年始に近づいてきましたね。
せわしないなぁー。。
だいたい、正月とクリスマスが近すぎる!(仕方ないけど)
年賀状、クリスマス、おせち、お年玉、、、
なんか準備することがやまもり!

コロナ禍のクリスマス、お正月。
どうなることでしょう。
GOTOキャンペーンできっと年末年始の温泉旅館は
大混雑でしょうね。

経済を動かすことはいいことですが
GOTOキャンペーン後に旅館が高く感じでしまうのでは
ないのでしょうか??
私も何回かその恩恵を受けていますが、
泊まるのはかなり安いですね!
35%もオフだなんて!!

しかも、地域クーポンまで使えるんですって!
きっと地域は嬉しいかもしれないけど、
こんなにたくさんお金使って、大丈夫か?日本!

旅行地でたくさん経済がまわって、
コロナでも沢山の会社が耐えられるといいのですが。。(我が社含め)

クリスマスで、プンダミリアのイベントも再開します。
↓↓
12月9日から15日まで
須磨大丸
12月17日から25日まで
なんばマルイ

たくさんの方に来てもらえるように感染対策しっかりとして
商品も沢山揃えて、準備していきたいとおもいます!
お待ちしております!

父の携帯

2020.10.30 Fri | CATEGORY:日々のおもい

北海道の稚内ではあざらしが大量にやってきて
漁師が仕掛けた網から
サケや蛸などを食べてしまうのだとか。

そして、たくさん集まったあざらしが
かわいいといってみにくる観光客が増えたのだとか。

漁としては何千万円もの赤字が出ていて、
害虫ならぬ害あざらし
扱いされていてなんだかかわいそうですね。

見にくる観光客が餌を買ってあげるような
ナチュラルなあざらし動物園とか
できたらいいのかなぁ、なんて
良い方法があればと考えたりしました。。
まぁ私が考えたところでなんにも
変わらないのですが…

さて、
iPhone12が出ましたね。
私はiPhoneユーザーですが
だいたい2年に一回変えています。

しかし、まだまだ、使えるケータイ
もったいないので長野の父に使ってもらおう
と思いました。

父はガラケー。
ビデオ通話もできないし、
写真もたくさん送れません。
一人暮らしの父を心配しているので
スマホにしてほしいところです。
そもそも
母が亡くなる5年前まで
携帯すらもっていませんでしたので
きっと拒否するだろうなぁ。

しかし。
携帯?メール?とんでもない!
と真っ向から否定していた
父ですが、メールできないのを克服しまして
いまや結構な長文メールが送られてきます。
せっかくなれたのに、
スマホ、なんていったらまたまた
大反対されることでしょう。

思い起こせば
あれは25年ほど前。
母が突然ラブラドールレトリーバーの
子犬を連れて帰ってきました。
その時の父の怒りようといったら!
犬ー!!しかも室内でー?!絶対だめだ!!
と無口な父がいきなり逆上したのです。

その、、、、結果、
その日からそのワンコ(ゴンタ)
が永眠するその日まで
1日も欠かさず父と一緒の布団で
寝ていたほどの溺愛ぶりだったのです。。

つまり、父は最初無理無理!
だめだめだめ!といっていても
なんだかんだ、受け入れる男なのです!

ということで、もう勝手に
スマホに変えてやろうと思います。

先日実家に帰った際
「ショートメールは70文字以上
打てないのか」と質問されました。
たくさん打ちたいのに何度も
送るのが面倒だし一度全文をチェック
してから送りたいみたいです(笑)
「それをしたいなら、やっぱり
スマホにしなよー」
といったら
「スマホなら長くショートメールできるのか?」
と聞かれましたが、
そもそも
ショートメールである必要がわかりません。
「スマホならLINEができるよ」
というと、LINEについていろいろ聞いてきました。

これは!脈あり。
ショートメールを盾に
スマホに変えてくれそうな予感。

ただ、いきなりiPhoneはちょっと難しいかなぁ??
らくらくスマホがいいのかなぁと悩み中。
次に帰る時まで情報収集しておきたいと思います。

それにしても、いったい誰に
70文字では足りない
ショートメールを打っているんでしょう(笑)。

全く花と関係ないお話で
すみません。

旅行、は妄想に乗って

2020.10.23 Fri | CATEGORY:日々のおもい

秋のいい季節・・・
秋晴れだとこの上なく気持ちがよくて
どこかに行ってしまいたい気持ちになりますね!
しかし今日の京都は雨・・・。
秋は雨も多くて気が付いたら冬に突入・・・
短い秋晴れの日を大切にしたいものです!
11月は晴れる日が多いといいですね!
11月の誕生日が来るとまた一つ年を取るので恐ろしいですが(笑)。

さて、
GO TOキャンペーンということもあり、
京都にもたくさんの人が訪れているように思います。
ガラガラだったホテルは満室になる日も多いとか!

(コロナの状況はさほど3か月前と変わらないのに、
GO TOがはじまると人が出はじめるだなんて
人間の心理って面白いなぁとおもいますが。
もしかしたら感染対策さえちゃんとしていたら
コロナ前と変わらない生活をしても大丈夫なのでしょうか???)

私もそんな観光客を横目に・・・
旅行に行きたいなぁなんて妄想してしまいます。
今までは旅行に行きたいといえばもちろん海外!
と思っていましたが・・・
さすがにまだまだ海外への旅行は考えられません!
ということで国内旅行するとしたらどこがいいかなぁと考えました。

旅行のいいところって何でしょう。
非日常を感じるところ、
知らない土地を知れるところ、
その土地にしかないものを食べるところ!!!
私は絶対食べ物の優先順位が高いですね!
それと、
地元の人の生活を見るのが好きです。
それは海外でも国内でも!
なので、ザ・観光地というより街を歩くことが楽しいですね。
ガイドブックやネットにない情報を自分の足で見つけることができたら
それこそが醍醐味!です。

あと、
私は長野出身、京都在住歴26年ということで、
海とは縁遠い生活をしているので海に行きたくなりますね!
それからあまり都会過ぎず、かといって山過ぎず・・・。

ということを考えると・・・・
沖縄、鹿児島、北海道、仙台・・・
そんな妄想をしながら旅行のイメージを固めているところです。

でも・・・・
考えれば考えるほど・・・・
あれ?京都ってめっちゃいいところではないですか???
(海は遠いけど)

町を歩けば文化遺産に出会え
築数百年の建物なんて珍しくない土地・・・。
かといって、緑もたくさんあり適度に都会もあり・・・

わ!私ってなんていいところに住んでいるの?と
いまさらながら気づきました(笑)。
しかも26年住んでいるのでそれなりに土地勘があり、
ガイドブックに載っていない情報もあります!

上賀茂神社、下賀茂神社、平安神宮、御所、鴨川、、と
自然にあふれているし
そのすぐ近くに美味しいものが食べられる場所がたくさん!

旅行で京都に来たらひそかに
とても楽しいのでは?!?!

ということで・・・・
遠出しなくても十分楽しめるのかも!
京都で、いい感じのホテルや町家の宿などに泊まり
ゆっくり街歩きしてみてもいいのかもしれません!
交通費ゼロですしその分食事で贅沢できますしね!

といいつつ、そんなことが近々実現できるか
わかりませんが、必ずやってみたいと思います!

みなさんはどこに旅行行きたいですか?
そんなことを妄想しながら秋の雨の日はネットで
旅行気分楽しんでみてください~!

写真は雨の京都

燃えよ、ドラゴンズ!

2020.10.16 Fri | CATEGORY:日々のおもい

秋晴れが気持ちよいこの頃。
明日から雨&寒くなるとのこと・・・(´;ω;`)
束の間の気持ちいい季節を楽しみたいところですね。
私は今季はなんと!
すでに衣替えを済ませました!!!!!
すごい。
こんなこと、今までありませんでした!
大体寒くなって着る物ないないと言ってやっと衣替え・・
というパターンでしたから。
自分をほめてやりたい気分ですね(笑)。

さて。今日はプロ野球の話です。
※興味ない方すみません。

私は何を隠そう(たいそうなっ!)
プロ野球は中日ドラゴンズのファンです。
昨年までの5,6年間、
ドラゴンズのファンであるということはあまり言いたくなかったし、
興味ももちませんでした。

なぜなら・・・・
弱かったからです・・・・・・。
昨年までの5年間、大威張りでいいますが
5位か6位。
Aクラスどころか、最下位ですよ。

そうなるとなんだか見る気もしなくなってしまって・・・。
私はきっとすごい負けず嫌いなんで
応援しているチームが負けるとメンタルにずしんと来ます。。
だから、もう野球自体から目を背けていました。
ニュースでさえ。

ところがです。
今年は、コロナで始まるのも遅かったので
何となく夏に実家に帰った際(東海地方のテレビが映ります)から再加熱。
というのも
たまたま見た試合が、負けたのですがすごく内容の良い試合で、
「あれ?これは昨年までのドラゴンズと違うかも」と
思い始めたのです。
それから注目して今年は負けても・・・
内容に注視して見てみようと思い軽い気持ちで見始めたのです。

ところが、夏には5位だったのがどんどん順位が上がっていき
3日前には3位に鎮座していました!
おおーっと!

2位の阪神に迫る勢いです!
そして一昨日なんと、阪神との直接対決で勝利、二位に浮上!
0.5ゲーム差だったので昨日負ければまた3位転落で迎えた昨日の試合です。

テレビ中継もないのでこの時代にラジオに食らいついて
聞いておりました。
するとすると。。。。
先制点で今日も勝ちとおもいきや
逆転されていました。。
これは9割あきらめの境地です。
2-3で迎えた9回裏の攻撃。
ヒットで出塁の後ファーボール1塁2塁。
そのあとまさかのエラーで2塁3塁にすすんでしまうのです。
どうする、守護神スアレス。

その表情などがラジオではまったく伝わらないのが悲しいところ。

しかし、
ナゴヤドームの歓声がすごいのが手に取るようにわかります。
これは焦っているに違いない!

そして・・・・バッター高橋周平。
打率3割2分。
調子はいいけど本日4打席ノーヒット。
スアレスはどんな勝負でくるのでしょう!

祈る気持ちで手に汗を握りながらじっと動かず聞いてました。
(ちなみに、私は子供のころからこの手の願掛けをやめられません。
調子がいい時になにか自分が違う行動を取ると負けるような気がして)

すると!「打球が伸びた、ファールかファールか!」
(ABC放送のため、完全に阪神寄りの放送です)
「入ってしまった―――――!ホームラン!!!!」
ということで、
9回裏1アウトからの逆転勝利!!!!を収めたわけです。
2位の座を守りました。
すごい!ドラゴンズ!!!!

一人で携帯に向かって(ラジオ)きゃー!!!
やった!!!!すごいすごいすごい!!!!と
大騒ぎしておりました。

さて。
そのあとお風呂に使って考えました。
野球は何が面白いの?とよく聞かれます。
スポーツといっても進みが遅く
サッカーなどと比べてなんだかちんたらしていて
見ていてつまらないという人も多いようで・・。

でも、気づいたのですが
野球は結構武道にも近いのかも(笑)。
チームプレーではあるのですが
究極はピッチャーとバッターの1対1の対決。
精神面の対決のよう勝てる!
というところなのに、
出塁や仲間のエラーで球場の空気ががらりと変わり
相手チームのファンの声援が鳴り響く。
そうすると、平常心ではいられない。。。

阪神側(スアレス側)からしたら
負けてたところ、チームが逆転してくれた!
今は9回。あとは抑えるだけ!
いう時に・・・
まさかのヒット→ファーボール→エラーと来てしまった!!!
やばい!あと2球だけどこれ、どうする???
しかも声援すごいやん。
俺、大丈夫か???

中日側(高橋周平側)からみたら逆転されて、
9回裏まで来てしまった。
もう負けても仕方ない。
とおもったら、お、出塁、そしてエラー!
これはいける?
ちょっと余裕のバッティング・・・
この流れでいいところ見せとかないと!!

↓↓
結果はなんと、高橋のホームラン。
これで明暗がはっきり分かれました。

うーん。
スポーツは専門の運動能力に加え精神力が欠かせませんが、
もしかしたら野球は武道と同じぐらいの精神力を
鍛えたもの勝ちなのかも!?!?

などと、結局人間すべては精神、
すなわち心の持ち方で勝ちも負けも決まってくるのかなぁなんて
思わされてしまいました。

心って見えないし、
強いか弱いかわかる術もないですが
実は人間「心」の持ち方で保てているのですね。
私もそうです。

全て捉え方。勝負は心が折れた方が負け!

本当に、心を大切に生きていくことが大事なんだなぁと。
昨今のコロナ問題と重ねたりしております。

いろんなことがあるけれど、結局は心の持ちようです。
私自身も、常に前向きでいられるように、
ピンチに立った時にどうやって切り替えられるかを
調子の良い時こそ考えていきたいと思ったのでした。

なんだか、大人になったなぁ、
野球からそんなことが学べるなんて(笑)!

ま、どんなに今から勝っても優勝はできないという
悲しい結果はわかってるんですけどね(;’∀’)
今年の最後の試合まで応援したいと思います!
来年は名古屋ドームにいくぞー!!!!

キギョウリネンとは!

2020.10.09 Fri | CATEGORY:日々のおもい

雨ですね~。雨でもいいことはありますよね、きっと!
ぬれても乾かせばよいのです!

突然ですが、
私は長野県出身ですが親戚のほとんどが名古屋に
名古屋に住んでいまして
何かと親近感を感じる場所です。
最近知り合う人が名古屋出身の人が多くて、
なんだか「引き寄せ」(笑)を感じずにいられません!
名古屋のお土産といえば
「ういろう」「きしめん」
というイメージですが
私は「きよめ餅」が好きです☆
きよめ餅を知ってくれている人がまわりにいて幸せを感じます(笑)。

「きよめ餅」「なごやん」は地元の人で知らぬ人はいません!
赤ちゃんのほっぺを触って
「きよめ餅みたい~!」っていうのが定番なんです(←ほんとか?)
こんど名古屋に行った際はぜひ熱田神宮名物、きよめ餅を!
そして目をつぶって触ると赤ちゃんのほっぺ感・・・
感じてみてください(笑)。

さてさて、
私がこの店を開店してから15年経ちました。
はじめのうちは「企業理念とは」なんて考えたこともなかったです。
そんな、たいそうな!と。
最近になり「理念」を聞かれることが多くなりました。
15年も続けていて理念の一つもないのか?っていう意味?
というか、そう聞かれること自体がなんか店が大人になった気分(笑)ですね。

何名かにそう聞かれることがあり
理念について考えてみました。。。
私は「書く」派です。パソコンで打ったりするよりは
字でいろいろ書いてみて組み合わせてピンとくるタイプ。
しかし今回はなんにもピンときません。

私が花を売っている意味・・・
理由・・・どうしたいのか・・・

かっこいい言葉でバシッと決めたいところではありますが、
開店当初から言っている言葉
「花は人と人をつなげる力がある」
というところかなぁと考えました。
私のプロフィールにも書いているように
花は、不思議な力があり、持っているだけでみんな見てしまう。
ちょっと、見てしまう。惹かれてしまう。それが花。
そしてそんな花を送ることで送る方の
「気持ち」が伝わる、そんなツールなのです。

今年の初め、私の友達Mさんからの依頼で
亡くなってしまったワンコ友達M君への
お悔みのお花を送らせていただきました。
私の友達自体も昨年10月にワンコKるん君を亡くしてしまいました。

その、M君の飼い主さんからご連絡いただき
お花を喜んで飾ってくださっていることと
昨年亡くなったKるん君への1周忌のお花を送るご依頼を承りました。

実はその前日に、Kるん君の飼い主から
M君の飼い主の妹さん(隣に住む)のワンコ G君 も天に召され、
G君へのお花を頼まれたのでした。
配達希望日はなんと同じ日!

そこで私は当然ながら友達Mさんには内緒でお花を作り始めました。
もちろんM君の飼い主さんにも内緒でG君へのお花を作り始めました。

配送の伝票が反対にならないように、
とってもややこしくなるから気を付けよう!と
朝礼で確認したほど。

当日、友人Mさんから電話がありました
「お花が、うちに届いちゃってるよ!!!」と。
一瞬、「そうだよ?」と思いましたが
本人としてみれば自分で依頼したお花が自分のところに
届いてしまったと驚いたようです!
それは誤算。考えていませんでした!

説明すると、とっても驚かれた様子!
ある意味2重のサプライズというわけです。
きっとG君飼い主さんもとっても驚かれたことでしょう!

そんなハプニングはありながらも
そうやってお悔みの気持ちを送りあう
そんな一つの役割を担わせていただきました。

もらったときに、送った方の気持ちが手に取るように伝わって。
それでまたうちのお花で今度は自分の気持ちが伝わりますように、
と依頼してくださって。
それが本当にうれしいことです。

ワンコを亡くすって、
ペットを飼ったことのある人でないとわからない悲しみです。
ペットを亡くして学校や仕事を休めませんが、
いやいやそれほどに辛いことですし、
立ち直るのに時間がかかります。
そんな気持ちがわかっている者同士、どうか、安らかに。
という気持ちでしょう。
そんな気持ちをお花にのせるのが私たちの仕事なのです。

そんなことがあり、理念について振り返ると
やはりそこには
「お花を通じで、人と人をつなげる」
ということかなぁって。
切実に思いました。

私たちはいいお花を作ったり、送ったり。
形的にはそうですが、
中身は「気持ち」を表す。
それに
お花を使わせて頂いているのです。

お花を見てその人の気持ちが
手に取るように伝わりますように。

理念というのならば
それに尽きる。そう思いました。

簡単なようで簡単にはいきません。
ただ送るだけではいけません!
送る方の気持ちを考えると、このお花でいいのか?
このタイミングでいいのか?この器でいいのか?
陶器のように割れるもので良いのか?
いろいろ考えが変わってきます。
だからうちの店ではできる限り用途に寄り添い、
お花の提案をしオーダーにこだわっています。
オーダーでも1週間も待てないでしょうから30分でお作りしています。

いろいろがこの理念に適っていて
これだ!と思えます。

かっこよくバシッと決められませんが
私らしい理念かなぁと思います。

花を通じて人と人をつなげる。

そんな言葉に沿って
みなさんのお役に立てるように
これからも進んでいきたいと思います。

文字はとんがったりもする。

2020.10.02 Fri | CATEGORY:日々のおもい

すっかり秋めいてきて毎年言ってますが私の一番好きな季節です!
秋>春>夏>冬
やっぱりそこは一般的にもこんな感じで、
冬と夏の好みに分かれますね!
私は、スキーをしたいので冬が好きだったのですが、
昨今の雪不足でただ寒いだけの冬はもうこりごりって感じです。
なので夏の方がましかな!

寒いのは本当に心まで凍えてしまって肩も凝るし早く暗くなるし
なんだかさみしいのですが、ちょっと前までは私は冬が大好きだったのです。
夜が長くなり自分の時間を楽しめるから。
あったかい飲み物片手に 編み物をしたり、好きな映画を見たり。。
そんな時間を過ごすのが大好きだったはず!
今年はその気持ちを思い出して冬の夜長を楽しみたい!
そう思います。

さて、秋ということもありますし
コロナということもありますし、
コロナがこんなにも長引いているということもありますし、
世間では悲しいニュースが続いたりしていることもあるし、で
ちょっと周りが元気ないなぁって思っている今日この頃です。

いろんな知り合いと話していると
最近お客様からのご意見、おしかりを頂くことが多くなった、と。
ネットでも口コミの悪評価が増えているようです。

恥ずかしながら当店も私を含めスタッフ、
お客様からネットを通じてご意見を受けることがありました。

まずは、
お客様にそんな気持ちにさせてしまって本当に反省させられましたし、
申し訳ない気持ちになりました。
もしもこのブログを読んでくださることがあれば
心よりお詫び申し上げます。
そして、これから頂いたご意見に真摯に向き合い
お客様の立場になった接客というものをしっかり考えていきたいと思います。

そして、それに直結するわけではないのですが
ネット社会においてのそういったご意見
世の中でいうクレーム、
または誹謗中傷ということについて日頃考えてみました。

大切なご意見はご意見として真摯に受け止めます。
しかしあまり敏感になりすぎ、
精神的に追い込まれて次の接客がよくなるばかりか、
逆に怖くて接客できない!
なんてことになってしまったら本末転倒というものです。

お客様に不快な思いをさせてしまうことは
あってはならないと思い
スタッフみんな真摯に取り組まなければなりません。
それは本当にそうだと思います。
そういう気持ちの中の接客ですが
ちょっとした言い方が誤解を生み、
お客様に不快な思いをさせてしまっていることもあり得ます。
本当に申し訳ないことです。

しかし、それが怖いのが「文字」の持つ力。
うちは接客業ですから今まで直接おしかりを受けることもありました。
そのときは面と向かって心からの謝罪の気持ちもお伝えすることもできます。
その場合、大抵のお客様が
「そういうことだったのね、それならわかった」
もしくは「そこまでしてくれるなら文句ありません」と
おっしゃってくださり無事おさまり、
「また来るわ」と言ってくださることさえあります。

ところがネット上のおしかりは
こちらの説明をすることは出来ても
それで終わることがほとんどです。
またそれからディスカッションして
平和で幕を閉じるなんてことはないのです。

だからといって
反省するところはするのですが、
次に気を付けるべきは、
口コミにおどおど過ごすことではなくて、
真に明るく親切な気持ちで接客していくべきではないでしょうか。。
私はそう思います。

おしかりを受けといて、
「明るく親切にします!」って何事か!
とまた怒られそうですが。。。

この世の中、ネットで好きに書き込みが出来ます。
確かに非情な接客を受けて文句の一つも言いたい!ということも
あるでしょう。
けれど、顔の見えないおしかりはとても言葉が厳しくて時に
人を傷つけてしまうものです。

顔を見ながらではそんなことが言えますでしょうか?
「この人も人の子・・・」そうおもったら
そんな強い口調で言えますでしょうか?

ただでさえ、文字だけで伝えるのは冷たく感じます。
口調って大事ですよね?

この文章も、人によっては「横柄だな」と
思われているかもしれません。
だからこそ、文字だけで意見を言うと言いたいこと以上に
冷たく伝わるのかもしれません。

ツイッターなどを見ていても
政治家の人や辛口コメンテーターの人に非情な強い口調で
意見をされている方がおられます。

その言葉がどれほどの力で人を苦しめることになっているのか
書く方はわからないのかもしれません。

うちの店に対するご意見のことを
言っているわけではなく世の中の、
そういうことを言っているのですが・・・

ご意見受けたことは深く深く反省し
次回への対応に生かしたいと思います。
それはそれとして、
私自身は文字で何かを(クレームではないにしても)
伝えるとき、LINEやメールで伝えるときも
「自分が思っている以上に」人は敏感にこの文章を見ている、と
心してお伝えしたいと思いました。

不思議なものです。
顔と顔を合わすとそこまでのぶつかり合いはないのに
文章だととっても攻撃的な言葉が使えるのです。
文字がとがって突き刺さって傷つけてしまうのです。

まあこんなことを書いてまた言われたら怖いなぁと正直
手が震えています(←大袈裟です(笑))

しかし、ここは私の気持ちを出す場所!
だから避けずにこのことをテーマにさせて頂きました。

私も含めて、人に優しくするということが
どれほど大切なことなのかをスタッフとともに
考えていきたいと思います。

とんがった言葉は辛い、です。
知らず知らず使ってしまうことがあったとするなら、
使われたと思うなら
そこでまたさらにとがった言葉にならないようにしないと、
どんどん連鎖してしまいます。

きっといままでだったらちょっとした
日常の不快な出来事は
【友達と会ってご飯を食べながらその愚痴を言って、
同情してもらってすっきり浄化して、ご飯食べ終わったら怒りが収まっていた!】
となっていたかもしれません。
ところが今はそれができずに、
怒りをネット上で消化しようとするような流れもあるような気もします。

好きな人と会い、ハグしたり、握手したりたくさん話して、
好きなアーティストの舞台やライブを見に行ったり、
そういうことが実はとても心を豊かに耕していたんだ
そんな気がします。

はやく、またそんな日常がやってきますように。
心豊かにたくさん実りがありますように。